9月13日の給食

お月見メニュー.JPG

枝豆ご飯
魚の竜田揚げ
きぬかつぎ
お月見団子汁

今日は十五夜です。お月見は、月見団子や里芋、ススキなどをお供えし、月を眺めて楽しむ行事です。“きぬかつぎ”とは、里芋の小芋を皮のままゆで、皮を少しだけむいたもので、平安時代の女性が着物を頭からかぶった衣装の「衣被ぎ(きぬかづき)」から名付けられたそうです。
(9月の家庭配布用の献立表に載せた「衣被ぎ」のイラストは、違う衣装のものだったため、教室用に資料を作り、説明しました。)

更新日:2019年09月13日 14:10:29